安らかに送り出すための葬儀の教科書|初心者向け

数珠

いろいろな種類

会場

納骨堂というものは、一般的なお墓とはすこし違うタイプで、簡単にいうとお手軽で安く利用できるお墓というふうにおもってください。このお墓にはいくつかの種類があって、公営納骨堂、そして民営の納骨堂、最後には寺院が運営しているタイプの納骨堂というものです。
もちろん納骨堂のそのスペースによって、入れる形式もかわったりもしていますが、これはまたあとでご説明していきたいと思います。
それではこの納骨堂の種類をお話していきましょう
まずはロッカー式というもの。このロッカー式というタイプには、見た目はロッカーのようなつくりになっているもので、特に横一列、たて一列とキレイに並んでいるものをさします。この上下や左右でも微妙に値段がかわってくるものとなっているというものなんですね。
さて、もうひとつは棚式というもので、棚にキレイに並べて納骨をしていくというもの。また仏壇式というものもあり、これはお寺などの納骨堂に多くみられるのですが、納骨スペースにお墓の仏壇とおなじような様式にしているものをさします
一番でかいのは、お墓式というもの。このお墓式というものは、屋内にお墓をたてていくというタイプにもので、屋内墓地というふうにもいわれています。これはお花や線香を備えるものであったり、このお墓にお水をかけたりとすることもできるので、かなり人気なものになるのですね。
納骨堂というものは全国でも最近とくのおおくなってきたので、あなたがどのタイプをえらべばいのかわからないときはインターネットを使って探すといいですよ。